何でもない日バンザイ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 椿 三十郎

<<   作成日時 : 2008/01/16 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年の初映画は、Lady's Dayでコレ行きました。

椿 三十郎

黒澤明監督作品のリメイク、椿 三十郎。
残念ながら、黒澤作品は観ておりません。
なので、新鮮な気持ちで観れました。

ストーリーは勧善懲悪?なんだけど、
悪役の皆さんがどこか可愛らしくて、憎むに憎めない。(苦笑)
詰めが甘いところが笑えます。

個人的には押入れ侍、佐々木蔵之介さんが一番良かった(笑)。
凄くナイスなキャラクターでした。
9人の青侍も一生懸命でよかったんだけど、みんなちょっとハァハァ言い過ぎかも。
松山ケンイチ君は、何となく佐藤隆太君と何故かイメージがダブってて、
観てて一瞬間違えそうになりました。隆太君、出演してないのにな!

織田=三十郎と、豊悦=半兵衛は、半兵衛の一方的な好意を利用して、
ガンガン騙されちゃうのが、いっそ哀れを誘います。
片思いって切ないね。(苦笑)

玉緒さんと鈴木杏ちゃんは、台詞まわしがちょっとクセがあって、
正直観ていてウザイかも?と思ってしまいました。
特に杏ちゃんなんか、演出次第でもっと可愛くなると思うのになー。

正直、私はどうも森田芳光作品は好きじゃないようです。
『模倣犯』のときも思ったんだけど、個々の役者はいい配役なのに、
あからさまであざとい(ココ笑うとこだから!みたいな)演出されちゃうと、
映画全体的に観てて「つまんないなー」と気持ちが盛り下がっちゃうんだよね;

監督の仕事って、結構重要だと思うわけです。

<本日のBGM>
柳 蓮二 『記憶の針』
<本日の読書>
FEEL YOUNG 2月号

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
椿 三十郎 何でもない日バンザイ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる