何でもない日バンザイ!

アクセスカウンタ

zoom RSS ツバサ TOKYO REVELATIONS/遥かなる時空の中で3 紅の月

<<   作成日時 : 2008/04/03 23:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日も残業です。

さて。
残業続きでつまんないので、こないだの祝日〜週末に観た
DVDの感想を記録しておこうと思います。

まず1本目。

ツバサ TOKYO REVELATIONS

『ツバサ−RESERVoir CHRoNiCLE−』単行本21巻、22巻、23巻に
初回限定版としてDVDが発売されました。
折角なので、買ってみよう!と思ってこの3巻を購入。
Production I.G.制作。なので、メチャ綺麗です。
3本すべて揃ったところで鑑賞しました。

通常、『ツバサ』はちゃんと読んでないので、
TVアニメ以降の展開はよくわからなかったんだけど、
物語の核になるストーリーだったんだね。この東京篇って。
ラストの巻は、いろんな意味でみんな痛々しくて切ない。
東京篇のゲスト(?)は、『X』の皆さんでした。
天の龍、地の龍、入り混じって敵味方になってるのが面白い。

個人的には神威ちゃんと昴ちゃんが良かったです♡
特に神威ちゃん!声もマモだしねー♪

しかし、『ツバサ』はCLAMP作品のキャラクター達総出演の
スター・システム作品なので、思ってるのと違う声が出てくるのが、
何だか不思議というか、たまに違和感を感じます。
こう、吹替えが替えられてるというか…。
例えば、昴ちゃんなんかはどうしても勝平さんを期待しちゃうし、
神威ちゃんは、健一氏だったりするんだけどね。
違うのが嫌だというわけではなくて、ちょっとした違和感なのよね。

物語はまだまだ続いてます!という感じなので、
この続きを観たいなーと思います。

とりあえず、コミックスちゃんと読んでみたいかな?

*** *** *** *** ***

二本目はコレ。

遥かなる時空の中で3 紅の月

…これで終わり?!続きはぁ〜?!!

観終わっての第一声がコレでした。(苦笑)
だってー!これで終わりはないよー;
先日の『遥か祭』でやってくれた朗読劇でもここまでだったけども...。

続きはGameで!ってことですか。ガクリorz.

舞台設定は3は鎌倉時代の源平合戦。
平家側が悪いかと思へば、源氏側にも悪いのがいたりして、
倒すべき相手は、単純に敵方だけとは限らない。
逆に倒すべき相手側に、倒したくない人がいたりして、
望ちゃんは苦悩の連続ですね。

OPの肌色の多い皆さんは、『遥か祭』で免疫ついてたので、
噴出すこともなく、スルーできました。(苦笑)

とりあえず、このTV版は将臣くんルートなんですね。
もうお互いの気持ちが向かい合ってるじゃない。
まぁ、この展開だと将臣くんルートが一番王道なのかなー?
身内にいるより、敵方にいるほうが気持ち的に燃え上がる気がする。

他のキャラEDも観たいなー。
…3のGameやればいいのよね;orz.
1も2も最初に三木さんキャラでED迎えてたので、
3をPlayしてもたぶん、将臣くんルートから始めそうな気がします。

<本日のBGM>
坂本 真綾 『最後の果実』
<本日の読書>
ZERO-SUM WORD Vol.002

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ツバサ TOKYO REVELATIONS/遥かなる時空の中で3 紅の月 何でもない日バンザイ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる