何でもない日バンザイ!

アクセスカウンタ

zoom RSS イベント三昧 − その1. 『ガラスの仮面』

<<   作成日時 : 2008/08/16 16:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本日は、お楽しみの掛け持ちです。

まずは舞台観劇。

『音楽劇 ガラスの仮面』
in 彩の国 さいたま芸術劇場 大ホール

座席は、1階の後ろ(から2列め?)でしたが、舞台全体がよく見えました。
ステージの奥行きが凄く広い!
あんなに奥まで使う舞台って、観た事ないように思います。

始まり方もおもしろかった。
一般のお客さんがステージにあがって見学をされていて、(集団で。)
そこに徐々に俳優たちが集まって、レッスン前の柔軟等を始めます。
で、いつの間にか群舞のダンスレッスンがスタート。
舞台がスタートしている…という状況。
舞台というより、本当に劇団を見学に来ているような状況が新鮮です。

ストーリーは、演劇コンクールまで。
劇中劇は、『若草物語』『たけくらべ』『ジーナと5つの青い壺』でした。
オンディーヌでの逃げた小鳥のエチュードとか、
マヤの学校でのビビ役とか、月影でのレッスン中の亜弓さんとの対決エチュード、
4つの言葉もちゃんとありました。

しかし、蜷川演出凄い。
舞台に本物の雨、降りました。
うひょー!
しかも豪雨だよ。
「あれ?」と思ったら、本物の水だったので、
あの雨がどこに行くのか、前の席の人は濡れないのか、
と余計なことが気になっちゃいました。(苦笑)
観ていたら、舞台の前にパカッと穴が開いて、そこに水が流れるようになってた。
で、舞台転換して劇団員が掃除をしている設定で、
舞台上の水をふき取る…という。
自然な流れで、さすがだーと思わず感心。

コンクール時は、客席に審査員が来たりと、
客席も全体的に使っての演出だったので、
後ろの席でも役者を近くで見れたりしました。
真澄さまもいたよ。(笑)
ただ、残念ながらともちの中では真澄さまは
田辺誠一で定着しちゃってるんだよにゃー;(苦笑)

主人公の北島マヤ役は、大和田美帆ちゃん。
大和田獏さんのご息女だそうで、実際はマヤじゃなくて亜弓さんの立場なんだね!
でも、マヤちゃんかわいかったです。
それから、青木麗役の月川祐貴さん。
女性?男性?どっち??と我々はわからず、プログラムを読んでもわからなくて、
でも、やっぱりこの人男性だ!と最後にようやく判明しました。
すんごい中性的で、美しい人でした。麗ぴったんこだね。

しかし、何と言っても最高だったのは、月影先生役の夏木マリさん!
あの細さ、スタイル、気迫、歌声、素晴らしすぎる!!
TVで野際陽子版月影先生に敵うものはいないと思っていたけど、
夏木版月影先生も最高です。圧倒。

ほぼ原作通りでしたので、終わったあと、原作を読み返したくなりました。
続きを読みたいよ!!
劇中劇で、「狼少女ジェーン」とか「二人の王女」とか、
学校でやった一人芝居とか、「あれもよかった」「このシーンも好きだ」と、
一緒にいったメンバーと話がつきない状態でした。

そして話しながら外に出たら、雨が。
ホントの雨が。
…そんな演出はいらないし!(苦笑)

さて、次は急ぎ、武道館へ。

<本日のBGM>
access 『瞳ノ翼』
<本日の読書>
週刊 少年ジャンプ 37・38合併号

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イベント三昧 − その1. 『ガラスの仮面』  何でもない日バンザイ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる