何でもない日バンザイ!

アクセスカウンタ

zoom RSS −花−

<<   作成日時 : 2009/02/01 19:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

チケット手に入ったので行って来ました。

CYBER PHASE 7th Anniversary & Cyber Boys City 3rd Anniversary
Joint Stage『花−HANA−』(昼の部)
in 天王洲 銀河劇場
出演:福山潤、平川大輔、成田剣、鈴木千尋、松本保典、日野聡
シークレットゲスト:安元洋貴、近藤隆
※敬称略

会場入りして、まずはグッズ売り場へ。
もの凄い行列で開演時間が迫って焦りました。
「急遽、終了後も販売します!」と案内があったんだけど、
欲しいのは公式パンフだけだったし、
売り切れたら嫌だし、時間ギリギリまで!と思って並び続け、
ほぼビリで何とか購入。

急いで席に向かって座って一息ついたら開演でした。
ちゃんとグッズ購入の人たちが席に行くまで待っててくれたみたい。
ありがたいね。

席は2階一番後ろの真ん中あたり。
今回は、SS席〜B席まであって、値段も違います。
会員でもないので、プレミアムシート等は買えませんし、
結局ともちはA席をチョイスしたわけなのですが、
座席値段の格差がちゃんと現れてて、面白いなーと思っちゃいました。

最初は朗読劇。

とてもマジメな朗読劇でした。
なんかねぇ、本当に小劇場で芝居を観た!って感じ。
台本持たれてましたが、ほとんど見てなかったみたいだし、
マイクの前で立ったままする芝居じゃなく、
動きながらの芝居だったし。
逆に台本が邪魔なんじゃないのかなー?
いっそ、台本持たずにやればいいのに、と思ったくらいでした。
ところどころで、クスクス笑いはおこるんだけど、
とにかく本格的なお芝居だったなーという印象が強いです。

内容も最初暗いかなー?と思ったんだけど、
どんどん引き込まれて行っちゃって、
最後はちょっと涙ぐみました。
特に、特別出演声のみの子安さんのお父さん。
ヤバかった…。涙、流れるんじゃないかと思いました。
この話は、続きがCDで発売されるんだって。

朗読劇終了後は、「メンズ校」の紹介。
デジコミ風?のPVが流れました。
…5巻買ったのに、まだ読んでないなー。そういえば。

と思ってたら、いきなりビデオレターがスタート!

子安さん、小野D、羽多野くんが並んで座ってご挨拶。
「エロ本どこに隠してた?」とか、
「初めての性の目覚めはいつでした?」とか、
エロトーク満載!なVTRでした。(爆笑)
じゅんじゅんは、ソファの後ろで邪魔しながら手だけ出演。
(今日のイベントに出演してるからビデオには出れないみたいで。)
エロトークにも書き文字で参加したりして、大爆笑。

これ、DVDに収録されるのかなー?是非して欲しい。
ノーカットで。

朗読劇の衣装から普通の衣装(?)に着替えた皆さんが、
1階客席から登場。
最近、イベントでこうして客席まわる演出増えましたねー。

全員が舞台上に座ってフリートーク。
最初は朗読劇の感想から。

じゅんじゅんは「地味な衣装でお願いします」と言われて、
奇抜な衣装ならたくさんあるのに、どーしよっかなーと思って。
と言ってました。(笑)
日野くんは、「ホストみたい」とおもったそうで。確かにね。
ちーちゃんは、赤いロングコートでボンテージっぽかったんだけど、
実は女物だそうで。てか、それが入るのか。華奢だなぁ。
松本さんは神父様みたいだなー、クロスもさげてるし。
と思ってたら、本人もまわりもそう思ってたみたいです。

その他、セットのこととか、決めポーズ(セリフ?)が合わないとか、
(平川さんがなかなかできなかったそうで。)
『Shall We 楼蘭?』とみんなで遊んでたとか、
感想を言い合っていたとき、舞台センターの扉から手が。

え?!

と思ったら、腕が出たり、半身が出たり(笑)
場内ザワザワ。

ここでシークレットゲストのお二人が登場。

朗読劇見ていて、「俺もやりたいなー」と思ってたそうです。
安元くんがとにかくよくしゃべってくれて、
数年前に五反田ゆうぽうとでのイベントで観たときは、
全然アワアワしてたのを思い出して、成長したんだなー、
と思っちゃいました。(←失礼です。苦笑)
反対に近藤さんは、ほとんど話さない。大人しいなー。

次は、成田さんが仕切るコーナー。
もー!ここ最高でした!!
成田さん、どんだけおもしろいんですか?!
進行めちゃくちゃなんですが。

あらかじめラジオで質問を公開。
成田さん、松本さん、平川さん、リスナーが他の三人がどう答えるのかを予測。
ちーちゃん、日野くん、じゅんじゅんが答えて、あってるかどうか。
当たった人には、お食事券プレゼント。
でした。

質問は、
「バレンタインに好きな人から貰うならどれ?」
1.有名なパティシエが作った最高級のチョコレート。
ただし重さ1t。
2.世界に一つしかないアクセサリー。
その額は一生遊んで暮らせる金額。
3.好きな人と一緒に過ごす時間。相手が嫌だというまで離れられない。

まずは皆さんの予想を発表。

平川さんと成田さん、リスナーの方々が、
ちーちゃん=1番
日野くん=3番
じゅんじゅん=2番

松本さんが、
ちーちゃん=3番
日野くん=1番
じゅんじゅん=2番

ということで、じゅんじゅんはとにかく"お金!"だと。
ゲストの2人の予想も似たもので、会場の意見も一致してました。

で、3人の答えを発表。

このとき日野くんが、思いっきり答えをOPENにしたまま、
膝の上に置いてて、会場から「日野くん、見えてる」と注意を。(笑)

答えは、
日野くん=1番
じゅんじゅん=3番
ちーちゃん=4番
でした。(笑)

じゅんじゅんは、甘いもの苦手だし、アクセサリーは重そう。
「好きな人といるんだよ?相手が嫌になっても俺が離さないよ」
だそうです。おぉー。(笑)

で、ちーちゃんは1から3全部ひっくるめて4番!
だそうで。(笑)

その後、皆さんの反対空気に押されて、全員答えを変更。
ちーちゃん=1番、日野くん=3番、じゅんじゅん=2番となり、
成田さんと平川さんが正解ということで、じゃんけん勝負に。
「3回勝負ね!」とあくまでも負けを認めたくない成田さんが、
おとなげなくて爆笑です。
結局は平川さんが勝利!したんだけど、
「みんなでゴハン行きましょうー」とコメントしてました。優しいね。

てか、成田さんてばこれ進行順序間違ってんじゃないのか?
と思ったんですが。
だって、じゅんじゅんたちに答え書かせてるときに、
もう予想発表しちゃうんだもん。
予想はあらかじめ記載してあったんだから、先にそっちを発表するより、
まず書かせてからじゃないとダメだったんじゃ?と思いました。
いや、でもこれはこれで面白かったんでいいのかな?

その後、「シノビライフ」の紹介がデジコミで流れました。
こっちはVTRはなかったね。

で、エンディング。

成田さん、告知があったのに台本置いてきたそうです。
松本さんが「もういらない?」って聞いたら、
「いらないよね」って置いてきたとか。
どこまで笑わせてくれるんですか?成田さん!

平川さんがマジメな感想をいった後で、最後にいきなり、
「では最後に一緒に…Shall We 楼蘭?」といきなり会場にフリを。
でも半数以上の人がついていってて、じゅんじゅんが
「今の(フリ全然なかったのに)よくみんなついてきたねー!」と
感心してました。
私はついていけてなかったよ;(苦笑)
ちょっと『いいとも!』の「そうですね!」を思い出しました。(笑)

そして、最後の最後に1階客席の間を通りながら、
バスケットから何かをプレゼントしてまわりながら終了。
あれ、飴かなー?
さすが、お値段のお高い席は特典がいっぱいですなー。
公式パンフがついてる席もあったみたいだし、
ここまで座席の値段で格差つけられると、逆に納得でした。

銀河劇場はこじんまりとしていて、お芝居観やすそうでした。
脇のバルコニーからでも舞台全体がちゃんと観えそう。
(銀座の某劇場は、バルコニーからだと全体観えなくて;)

約2時間?だけどおもしろいイベントでした。
夜の部はどうだったんだろうなぁ?

行きはりんかい線で天王洲アイル駅(笑)に降り立ちましたが、
帰りはFranc francのアウトレット?があるとのことで、
そこを覗いて、スタバでTeaラテを買い、
のんびり歩いて品川まで戻りました。
ちょっと風が強かったけど、お天気よかったので気持ちいい。
水辺の散歩はやっぱりいいなぁ。
品川のこっち側は来たことがなかったんだけど、
よさ気なお店もチラホラあっておもしろそうでした。
また来たいかも。

<本日のBGM>
エレンフリート、ロシュ 『La Vie en Rose〜薔薇色の奇跡』
<本日の読書>
遠野 春日 『金曜紳士倶楽部3 踊るパーティと貴公子』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
−花−  何でもない日バンザイ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる